2013年02月10日

谷戸の生き物 / 2月9日

2ヶ月近く、このブログを休止してしまった。いろいろと理由はあるが、言い訳はやめておこう。

谷戸に通っていてブログをさぼっていた訳ではないので、久しぶりに雑木林の空気を吸うことができた。そして、春に少し出会えた。

20130209_01.JPG

ネコヤナギの開花。まだつぼみの木も近くにあったので、この数日内に開花したと思われる。

20130209_02.JPG

ツグミが西の空を仰いでいる。渡りの時季を考えているのだろうか。

20130209_03.JPG

陽が傾き始めた頃、西へ向かう旅客機から真っ直ぐな飛行機雲が、薄い縞模様の雲を突き刺した。あのツグミも見ただろうか。



posted by 谷っ戸ん田 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年12月15日

谷戸の生き物 / 12月15日

前夜は野毛で飲み、仕上げはダウンビートでジャズに浸った。その余韻を残したまま、な〜に谷っ戸ん田へ。

霜が降りる季節となったが、氷が張るのは少し先と思っていたら、田んぼにうっすらと氷が。落ち葉の形で氷が解けている。落ち葉にも体温があるのだと気付いた。

20121215_01.JPG

前週は気温が高かったためだろう。100頭ほどのフユシャクが雑木林を乱舞していた。今朝は、数頭を見つけただけ。しかも、飛ぶより休む時間が長いようだった。

個体識別は難しいのだが、クロスジフユエダシャクだと思う。

20121215_02.JPG

雑木林から尾根沿いの畑に行くと、動きが鈍いオサムシを発見。地面に置くと、すぐに落ち葉に下に隠れようとした。この季節、人間もコタツや布団に入りたくなるのと同じなんだろう。

20121215_03.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年12月09日

谷戸の生き物 / 12月8日

谷っ戸ん田から尾根畑へ向かった。すると、真っ青な空から何かがゆっくり落ちてきた。ザックからカメラを取り出し、とにかく写真を撮った。

20121208_01.JPG


20121208_02.JPG


20121208_03.JPG

思わぬプレゼントににっこり。この日の子どもの参加者は1人だけ。それを気遣っての空からの贈り物だったのだろう。今週は「生き物」ではなく「贈り物」でした。

20121208_04.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌