2013年03月02日

谷戸の生き物 / 3月2日

このブログは、ここのところ不調続き。ゆったりと谷戸を歩く時間が取れていない。

ということは、単純に余裕がないということ。ところが、今日は参加人数が少なかったものの、やるべき農作業が朝に決まったので、写真を撮る時間が作れた。

20130302_01.JPG

農道の脇にスイセンを発見。この道で見つけたのは初めて。農家の方が一株だけ植えたのだろうか。群生していると、あまりも人工的だが。

20130302_02.JPG

ウラギンシジミのメス。裏は銀でも、表は茶である。薄い青が入るとメスで、その部分が赤茶ならばオス。後翅にキズがあることが、冬を乗り越えてきた証拠である。

20130302_03.JPG

雑木林の下草刈り作業で、多く見られたオニドコロ(たぶん)。メンバーがリースにした。

20130302_04.JPG

樹木、そして、それにまとわりついたツタも、もちろん生き物。それより、この姿は谷戸を守る怪獣のように見えてくる。

20130302_05.JPG

標準ズームレンズでモズを撮影。目の脇に黒い模様があるのでオス。下草を刈ると、野鳥は地面にいる昆虫を見つけやすくなる。下草刈りは野鳥にはやさしいが、昆虫には厳しい作業なのである。

posted by 谷っ戸ん田 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63255063

この記事へのトラックバック