2012年11月04日

谷戸の生き物 / 11月3日

11月3日は、10月10日と並んで晴れる確率が高い日。

しかし、午前中は雲が多く肌寒かった。秋の日差しの中で撮影したかったのだが・・・。

20121103_01.JPG

谷っ戸ん田の水路側を歩くと、青い実を発見。日差しがないので、その青さを表現できない。しかも、種名が分からない。

自宅に持ち帰り、図鑑と格闘30分。ヤブミョウガであることが判明。夏は白い花を咲かせ、秋には青い実をつける。

20121103_02.JPG

尾根の畑へ移動して大豆の収穫。作業の合間に、じっとしているヤマトシジミを見つけた。そして、自宅でパソコンに画像を入れ拡大して見たところ、触覚に白い点が14個あることを発見。ちょっと感動。

20121103_03.JPG

柿。里の秋である。でも、やはり日差しが足りない。

20121103_04.JPG

ランチは、珍しく別の谷戸に移動。ようやく晴れてきて「里山祭り」でにぎわっていた。田んぼに立ってケーナを吹く若者。彼も谷戸の生き物である。

20121103_05.JPG

ぐるっと反対を見ると、まさしく里の秋。決して田舎の風景ではなく、大都市横浜の青葉区である。


posted by 谷っ戸ん田 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59787768

この記事へのトラックバック