2012年11月24日

谷戸の生き物 / 11月24日

昨年も、この時季に撮影したムラサキシキブ。不覚にも風邪を引いてしまい、農作業前に谷戸を歩くのは辛かった。

雨模様の朝だったが、昼前から一気に晴れて、ランチタイムに撮影。ムラサキシキブの実が色づくと、いよいよ師走を迎える。

20121124_01.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年11月10日

谷戸の生き物 / 11月10日

20121110_01.JPG

作業前の朝食はな〜に谷っ戸ん田の収穫物。手前はパープルスイートロード、奥は鳴門金時。

20121110_02.JPG

久し振りに360度撮影。雲一つない快晴。

20121110_03.JPG

ガマズミの赤が目に沁みます。

20121110_04.JPG

奥は谷っ戸ん田。6年間の米作りに感謝しなければ。

20121110_05.JPG

11月に入っても赤とんぼが見られます。思わず、吉田拓郎の「せんこう花火」を思い出しました。「死に忘れたトンボが一匹・・・」。

20121110_06.JPG

「拓郎の唄を歌ってないで、そろそろ農作業の準備をしろよ!」

20121110_07.JPG

「せっかくの自由時間なのに。まだ誰も来てないし・・・」

20121110_08.JPG

ムラサキシキブの淡い紫に立ち止まりました。

20121110_09.JPG

谷っ戸ん田の周りには、様々な生き物が。来年のハチミツが楽しみです。

20121110_10.JPG

ちょっと拡大して見てみましょう。

20121110_11.JPG

谷戸のイエローは、普通は春の色。

20121110_12.JPG

ですが、農作業の合間の楽しみなのでしょう。

posted by 谷っ戸ん田 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年11月04日

谷戸の生き物 / 11月3日

11月3日は、10月10日と並んで晴れる確率が高い日。

しかし、午前中は雲が多く肌寒かった。秋の日差しの中で撮影したかったのだが・・・。

20121103_01.JPG

谷っ戸ん田の水路側を歩くと、青い実を発見。日差しがないので、その青さを表現できない。しかも、種名が分からない。

自宅に持ち帰り、図鑑と格闘30分。ヤブミョウガであることが判明。夏は白い花を咲かせ、秋には青い実をつける。

20121103_02.JPG

尾根の畑へ移動して大豆の収穫。作業の合間に、じっとしているヤマトシジミを見つけた。そして、自宅でパソコンに画像を入れ拡大して見たところ、触覚に白い点が14個あることを発見。ちょっと感動。

20121103_03.JPG

柿。里の秋である。でも、やはり日差しが足りない。

20121103_04.JPG

ランチは、珍しく別の谷戸に移動。ようやく晴れてきて「里山祭り」でにぎわっていた。田んぼに立ってケーナを吹く若者。彼も谷戸の生き物である。

20121103_05.JPG

ぐるっと反対を見ると、まさしく里の秋。決して田舎の風景ではなく、大都市横浜の青葉区である。


posted by 谷っ戸ん田 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌