2012年06月24日

谷戸の生き物 / 6月23日

前週に続きウキクサを撮影。今度は三脚を使って200mmマクロレンズで臨んだ。撮影のときは気が付かなかったが、アメンボが乗っている。

20120623_01.JPG

谷っ戸ん田のハウス側にもウキクサの群れが。

20120623_02.JPG

ドクダミとシダ類。8月の初めに、田んぼの生き物調査があるらしい。田んぼだけでなく、周辺も含めると調査は大仕事になるだろう。このシダを単にシダ類と片付ける訳にはいかないからだ。

20120623_03.JPG

アマガエルが休憩中。周りの草の色に溶け込んでいる。

20120623_04.JPG

解像度の高い原画像からアマガエルだけを切り出すと、まだオタマジャクシの感じが残っているのが分かる。

20120623_05.JPG

休憩を終え、再び田の草取りを開始しようとしたところ、イシダ隊長が「クボさん、ドラミングが聞こえる」と。コゲラを発見し、車の中にある300mmm/F2.8のレンズを取りに行った。

もう草取りのことなんか頭にはない。数枚撮影できたものの、周囲が暗くてシャッタースピードをかせげない。よって、ピンが甘くなる。

写真のできよりも、谷っ戸ん田の周りにキツツキが来てくれる事のほうがウレシイ。田んぼ&雑木林の生き物調査を是非ともお願いしたいのだが…。

20120623_06.JPG


20120623_07.JPG


20120623_08.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年06月17日

谷戸の生き物 / 6月16日

2週連続の雨。しかも、またもや3日連続の飲み会。3夜で9軒のお店へ…。

体調は最悪。それでも、9時前には谷っ戸ん田に到着。なかなか被写体が見つからない。というより、見つける気力がない。

谷っ戸ん田の南東側には、小さい草がびっしりと浮かんでいる。風が谷戸の奥から吹いている証拠だ。

20120616_01.JPG

そこから、看板の方へ歩くと、すこしまばらになってくる。

20120616_02.JPG

上の写真を拡大するとこんな感じ。標準ズームレンズで撮ったので、いまいちピントが甘い。問題は種名。

ネットで調べたら、簡単に出てきた。ウキクサである。ウキクサ科ウキクサ属。ただし、属はいろいろと分類されているようだ。果たして、ウキクサは害があるのかどうか?

20120616_03.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年06月10日

谷戸の生き物 / 6月9日

雨の谷戸も悪くない。晴れの日とは違う生き物の姿を見せてくれる時がある。

しかし。3日連続の飲み会明け。体がかなり重い。ゆっくりと谷っ戸ん田の周りを歩く。ふと目に付いたのは、田んぼに浮かぶ蝶の翅。よく見ると、アメンボが翅の上で休憩している。

水面を滑走するのがアメンボ。実は、それは楽ではないのかも知れない。それとも、雨の日は力が入らないのか。

20120609_01.JPG

尾根畑へ行った。作物の様子を撮影した後に、クモの子を発見。フッと息を吹きかけると、サッと動き回る。

20120609_02.JPG

中心部を拡大すると、なにやら人の顔に見えてくる。アオオニグモなどは人の顔にそっくりなのだが、この種は図鑑で調べても分からなかった。残念。

20120609_03.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

2012年06月02日

谷戸の生き物 / 6月2日

2日前から体調不良。理由は明らかで、筑波で3件の飲み屋をハシゴしたため。作業前に谷っ戸ん田へ行っても撮影する気力が出なかった。

結果、このブログに出せる写真は1枚のみ。しかもピンボケ。カルガモが例年通り谷っ戸ん田にちゃんとやってきているよ、という単なる証拠写真である。

来週も、火曜から金曜まで飲み会で詰まっている。なんだが…。

20120602.JPG


posted by 谷っ戸ん田 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌