2011年12月17日

谷戸の生き物 / 12月17日

2夜連続の忘年会を終え、8時半に谷っ戸ん田に到着。

前週との違いは、落ち葉が一気に増えたこと。雑木林に本格的な冬が来たことを感じた。しかし、被写体が見つからない。

下ばかり見て歩いていたせいだ。葉が落ちる瞬間を捉えてみようと見上げたところ、葉に白い部分を発見。不思議に思い、望遠レンズに切り替えた。

思ったとおり、ウラギンシジミだった。

20111217_01.jpg


農作業を一通り終え、道具を仕舞おうとしたところ、雑木林の色合いが目に沁みた。

20111217_02.jpg


そして、手前の畑では不思議な光景が…。一緒にいた仲間の結論は「ニラ」。冬の西日に黄金色に輝いていた。自分のバースディに、得した気分で何枚もシャッターを押した。

20111217_03.jpg


20111217_04.jpg


20111217_05.jpg


20111217_06.jpg


posted by 谷っ戸ん田 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌

谷戸の生き物 / 12月10日

この日の朝は、今冬一番の冷え込みとなった。谷っ戸ん田へ向かう車の中、写真のイメージが出来ていた。それは、霜と氷と植物。

自然が創り出す「模様」は、発見と驚きである。大事なことは、誰よりも早くその現場に行くこと。

20111210_01.jpg


20111210_02.jpg


20111210_03.jpg


20111210_04.jpg


20111210_05.jpg


20111210_06.jpg


20111210_07.jpg


午前9時半を回り、気温は上がってきた。そして、雑木林の中をフユシャクがふわふわ舞う。ようやく、伐採した木に止まってくれた。

20111210_08.jpg


急いで、F4.0 200mmマクロレンズを取り出して撮影。シャッターを押した瞬間に、また飛んで行ってしまった。1枚だけのマクロ撮影であったが、それなりに撮れたようだ。

20111210_09.jpg


posted by 谷っ戸ん田 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌